矢沢永吉新型コロナの影響で2020追加公演7カ所8公演中止?

sponsored Link




2020年未だ、終息しないコロナウイルスによって色々なイベント等が延期・中止になってきています。

今日もファンクラブに入会している私たちにもBOSSから開催中止の案内が届きました。

矢沢永吉7カ所8公演中止決定

兼ねてよりチケット販売を延期になっていた追加8公演(『ROCK MUST GO ON TOUR EXTRA-2020』)が新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて全公演中止となりました。

BOSSとしても苦渋の決断だったと思われます。世界的に日々拡大していく新型コロナウィルス。一日でも早い終息を願い、ライブを楽しめる日が一日でも早く戻ってくれることを強く願っています。とインスタグラムで発表してました。

世界中で外出を控えるように…出国・入国禁止など色々拡大感染しないように取り組まれてますが、目に見えない相手なだけに不安や恐怖も少なからずありますよね。

そんな日々をBOSSの歌やDVDを見て自宅でタオル片手に盛り上がりましょう!

自宅で盛り上がる曲は?

E.yazawa の盛り上がり曲と言えば…あれもこれも!とありますが、お勧めの曲を(聞いて欲しい曲を)紹介したいと思います。

止まらないha-ha

K-1の那須川天心さんの入場曲にも使われている「止まらないha-ha」コンサートライブでも最高潮の盛り上がりの時に歌ってくれる1曲です。

タオル片手に最高潮に盛り上がる一曲です。

黒く塗りつぶせ

1977年に4枚目シングルとして発売された曲ですが進化して進化して最高のテンポとサウンドに進化していった曲ですね。

2009年にBOSS本人の還暦ライブで、スペシャルベストで出演した氷室京介と甲本ヒロトと歌った曲でもあります。

恋の列車はリバプール発

1975年のファーストアルバム(昔はLPレコード)に収録された1曲でした。この曲も昔のアルバムを聴くのと最近の曲調はテンポも速く進化した曲ですね。コンサートでは盛り上がる曲の一曲と言ってもいいと思います!

この曲を聴いてると切符を買って列車に乗りたくなっちゃうのは私だけでしょうか?(^▽^)

サイコーなrockYou!

2010年に発売されたアルバムに収録されている曲です。当時キシリトールガムのCM曲でした。

ノリが悪いと怒られちゃいますよ( ´∀` )

この曲は息子が2歳くらいで私も一緒になって歌うと泣きながら「ママは歌っちゃダメ!!!」って言われた曲でとても思い出深い曲です。

TAKE IT TIME

1985年に19枚目のシングルとして発売された曲です。

この曲が始まる時のライトがカッコいいですよね。

この曲も息子がスタンドマイク作って真似してた一曲です。なりきって歌ってたあの頃が懐かしい。

トラベリン・バス

1976年の「A・DAY」のアルバムに収録されている曲で、コンサートライブでは「酸素ボンベが爆発だ~」

ってBOSSが言うと最高潮の盛り上がりを見せるこの曲です。この曲が稀に歌ってもらえない時もあるけど、次のコンサートライブまでのお楽しみってコトで…。

この曲も発売当時から比べて進化していった一曲ですよね。

Wonderful Life

1996年に発売されたアルバム「MARIA」に収録されている一曲です。

男に生まれてたら共感するというか、こういう生き方をしたいと思う歌詞なんだろうなぁって思います。

この曲も文句なしの1曲です。

まとめ

まだまだ紹介したい曲はたくさんあるのですが、今回は第1弾としてお伝えしました。テレビを点ければ「新型コロナウィルス」のニュースがメインで子供たちも学校お休みで、感染の危険な地域は不要不急の外出は禁止で息が詰まっちゃうけど、目に見えないウイルスとの闘いなので、出来る事をやって一日でも早い終息を願っています。

手洗い・うがいを徹底して運動不足にならないように、適度に体を動かして次のBOSSのコンサートライブで完全燃焼しましょう!

今回も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です